ブックオフに単行本を売りに行った

私が大切にしていた単行本を、ブックオフに売りに行きました。本を読むのが好きで、本屋さんで買う時には、必ずカバーを付けてもらっていました。一度読み終われば、次回読むまでは大切に本棚にしまっていました。お気に入りの小説はその後も、何度も読み返します。読み返す小説は大抵、文豪と呼ばれる昔の人の作品です。やはり、現代の小説家と比べると、別格なのです。何度読み返しても飽きがこない。本屋さんに並んでいる単行本で、タイトルを見て面白そうだと思って手に取り、冒頭を読み、興味を持った作品を買ってくるのですが、何度も読みなおそうと思う作品は少ないです。そこで、これはもう読まないだろうと思う本を幾つかまとめてブックオフに売りに行く事がたまにあります。

先日も、10冊の本を売りに行きました。あまり読み込んでいないし、見た目は綺麗なのですが、やはり不人気で、古本市場で売れるものでなければ、付けられる価格が安いのです。分かってはいるのだけれど、自分が新品を買った値段を知っているだけに、売った時に受け取る金額を手にすると、とても残念な気持ちになります。本の査定を待っている間には、ブックオフ店内の小説コーナーを見ているのですが、ほとんどが百円で売られているのを見れば、買い取り価格の安さが納得できます。私はあまり、古本を買わないのですが、買うとしたら、これぐらいの値段が妥当だと思います。人が読み込んだ本と、新品でまっさらな本は、やっぱり気分的にも全然違います。多少潔癖症な私には、まっさらな方がいいですが、自分の経済状況を考えると、新品を買うのは贅沢過ぎるので、読まないだろうと思われる本を売って、新しい本を買いたいと思って、売りに行くのですが、新しい本を買うには、何冊も売らないと金額がたりない事が、なんとも悩ましいところです。

それでも、ブックオフで本を売る理由は、大切な本が、売った後も大切に扱われている事を知っているからです。本を売る時に、カウンターの奥で作業しているのが見えていて、本の紙の端3面を機械を使って少しだけ削っているみたいで、綺麗になっていくが分かって、あんな風にしているのだと、感心しました。お客さんに、少しでも綺麗な物を提供しようという、店側の心遣いが見えて、とてもうれしくなりました。本が好きな人が、本を売りに行き、本を買っていくのですから、心遣いが見えると、売る側にとっても、買う側にとっても、気持ちのいいものです。なので、ブックオフはとっても素敵なお店だと思いました。

ただし漫画はブックオフではあまり高く買取してもらえないようです。
古本屋にて漫画を高く買取りしてもらうには
こちらのブログではブックサプライという業者のほうがブックオフよりも高く買取してもらえましたと書いてあります。
売る本の種類によって、高く買取してもらえるお店が違うというのもなんとも興味深い話です。